引っ越し5回目のにけぽんが気を付けていること

引越し
スポンサーリンク

どうも、にけぽんです。

色々ありましたが最終出勤日を終えたので、しばらくは物件探しに注力します。

これから少なくとも2年間引きこもる場所ですから超重要です!

安易な気持ちで選んで、

にけぽん
にけぽん

こんなはずじゃなかった……。

とならないように入念に見ていこうと思います。

毎晩救急車が走ってたり、家に帰ったら部屋が荒らされてたりしたらたまったもんじゃないですからね!(※実体験です)

この記事を読んでいるあなたも引っ越しで失敗したくないですよね?

最近では在宅で仕事をする人も増えているので家の快適さはかなり重要なポイントです。

実は私、引っ越し経験はすでに4回あり、今回晴れて5回目を迎えます(爆)

引っ越しすぎワロタwww状態です。

さすがに4回も引っ越すと、

にけぽん
にけぽん
  • この条件いらなかったな。
  • あの条件大事だったから次から気を付けよう。
  • え?!?これは想定してなかったパターンだわww

等が分かってくるので、今だったら「なんか思ってたのと違う……!」という物件には引き当てない自信があります。(フラグ作成)

ということで今回は過去の引っ越し経験で得た知識を元に、”にけぽん流”家探しのポイントを紹介したいと思います。

あくまで個人的な理想に基づく考えなので、一人の意見として参考にしていただければと思います。

鵜呑みダメゼッタイ!!

スポンサーリンク

物件は実際に見に行く

結論から言うと一番大事なのはこれです!これだけ気を付ければある程度やばい物件を防げます!

時間とお金を多少使ってでも見に行ったほうがいいです!

とはいえ、これで締めるとブログが終わっちゃうので、以降は

  • 自分の体験談
  • 物件を見るべき理由
  • 物件を見る際に気を付けていること

についても話していこうと思います。

サイトに載っている物件画像は大体盛られている

無知ぽん
無知ぽん

あ!この部屋6畳だけど意外と広い!

よ~し僕メタルラック買っちゃうぞ~~☆

サイトのお部屋画像をみていけるって思ったあなた!

今すぐ巻き尺を持参して物件見学に行きましょう!

理想と現実を突きつけられます。

「いしのなか」から写真撮影?

サイトに貼られている画像は「*いしのなかにいる*」レベルで壁にくっついて撮った写真がほとんどなので実際より広く感じます。

また、物件で見せるとマイナスになってしまうポイントがある場合は

その場所を写さなかったり、写していても逆光で見えなかったりするので、例えば

にけぽん
にけぽん

・洗濯物ベランダに干そうと思ったら向かいのベランダ近すぎな件についてwww

・窓を開けたら壁でした

という物件もいくつか見てきました。

危ない危ない。

実は色黒!プリクラ顔負けの美白加工物件

プリクラかよwwwwって突っ込みたくなるほど美白補正している物件画像もありました(笑)

さすがに目は大きくなってませんでしたが。(そもそも物件の目とは)

元々築年数が古い物件だったり、新しくてもリフォームを行っていない物件を見ようと思っている際は要注意ですね。

身だしなみを整える大切さを学びました(悟り

面倒な住民がいないか事前に知ることができる

これは主に安い物件に住む人向けの話なのですが、やっぱり安い物件に住む人は多少癖のある方が多いように感じます。

もちろん、高い家賃に住んでても面倒な住人はいるので用心に越したことはないです。

ちなみに自分は家賃5万円時代でも居ました(笑)

日常生活は戦い!女手一つで2人のやんちゃ坊主を育てる肝っ玉母さん

鉄筋コンクリートでも騒音問題は重要!

夏は窓もあけて騒音も広まるので防音なんて名前だけです。

隣人
隣人

ブン〇ン!ハロー!youtube!!

とか毎日やられたら家にいても落ち着かないですよね??(隣人youtuberはいなかったけど)

自分は社会人2年目の時、大阪に異動になりました。

当時物件数があまりない時期の急な引っ越しだったので、鉄筋コンクリートを諦めて鉄骨造りの物件探しをしていました。

しかしこれが大きな仇となり後悔することに。

そもそも鉄筋コンクリート造りと鉄骨造りの違いは?

鉄筋コンクリート造り:柱は鉄骨、床や壁にコンクリートが使われる

鉄骨造り:柱に鉄骨が使われる

コンクリートは防音性があるので、鉄筋コンクリート造り以外は防音性が低いです。

ようやく見つけた好条件の物件。

実際住んでみると、

にけぽん
にけぽん

朝6時だけど隣がドタバタ煩い……

夜中0時近いのに隣がドタバタ煩い……

毎日子供を叱る罵声が聞こえてくる……

子供に罪はないし、元気な子供は将来有望だと勝手に思っているし、母親も毎日一生懸命子供の世話をしているので非難はできないのですが、

にけぽん
にけぽん

やっぱりうるさいものはうるさい!!うおおおお!

おかげさまで毎日6時起きの超健康的な生活を送れました!!(怒)

みんなは隣人の様子、ちゃんと見てきてくださいね!

個人的にはみんなが休みで家にいる休日に物件見学をするのがおすすめです!

もしかしたら騒がしい生活を盗み聞きできるかもしれません。

アラフォーガチヒキニート、生活費ありません。な住人

物件見学で見極めるのは難しい所ですが、入り口に出前が置いてあったりUberしかいつも頼んでなさそうな人がいたら要注意です。

私はこうなりました。

みんながみんなこういうやばい人だとはもちろん思ってはいませんが、注意するに越したことはないと思っています(笑)

上記写真は今から2年前、当時4階の角部屋に住んでいたころのものです。

ある日、「お宅の家が空き巣に入られた」と警察から電話がありました。

にけぽん
にけぽん

1回にはオートロックもあるし最上階だしなぜ??

なぜわざわざ俺の家に侵入したんだ!

詳しく話を聞くと、隣人がベランダを乗り越えて家に侵入して金品を盗んだみたいです。

生活苦が原因のようでした。

※空き巣に入られた件については話すと長くなるので後日まとめたいと思います。

今思えば盗まないとやっていけないほどお金がないのであれば生活保護申請できたのでは?と思いましたがもう2年前の話なのでどうにもできず。

……あの時捕まった人、今ちゃんと生きてるかな?

実際に物件を見るときに注意することまとめ

内容が長くなったので一旦現段階でまとめました。

まとめ
  • そもそも物件は絶対見に行く
  • 見に行く時間は休日がおススメ
  • 近隣住人の様子も確認する

希望する物件条件を細かく書いたメールを不動産業者に送る

私の場合、会社への通勤時間と家賃のバランスで家の場所を決めていたので、ぶっちゃけ東京だろうと埼玉だろうと千葉だろうとあまり関係なく探してました。

そうなったときに、広範囲の物件情報を1個1個目で確認するのって大変ですよね?

なので自分は不動産会社に探している物件の条件をメールで送っていました。

今回の引っ越しで自分が実際に使っている条件リストはこんな感じです。

以下条件で物件を探しています。

条件に合う物件がありましたら、当日の〇〇(物件名)と合わせて内見させていただけないでしょうか。

■家賃
1万~2.4万の間(管理費込み)
(都市ガスやインターネット無料なら2.5万でもよい)

■建築種類
鉄筋コンクリート

■築年数
35年以内

■駅から物件までの距離
駅から徒歩40分以内(優先度低)

■その他の条件
・2階以上
・ワンルームまたは1K
・5.8畳以上
・洗濯機置き場あり
・エアコン有り
・スーパーが徒歩20分以内にある(優先度低)
・角部屋(優先度低)

おまけ

突然見に行くとなると、

無気ぽん
無気ぽん

いい物件じゃなかったときに時間もったいないなー

って思う方は見学の前に、資料請求というワンクションを挟むことをオススメします。

上記のような条件を不動産会社に伝えると、近い条件のものを不動産会社しか見れない物件サイトから引っ張って紹介してくれます。

その内容だけ確認すれば、探す手間だけではなく一般人が見れない非公開情報も見れたりするので一石二鳥です。

まとめ

何回か引っ越ししてる人にとっては当たり前の内容かもしれませんが、

無知ぽん
無知ぽん

初めての引っ越し怖~い!

無気ぽん
無気ぽん

だりぃ……もっと効率よくいい物件探したいな

って方は参考にしてみてください!

最後に、以下にこの記事で書いた内容のまとめを記載しておきます。

まとめ
  • そもそも物件は絶対見に行く
  • 見に行く時間は休日がおススメ
  • 近隣住人の様子も確認する
  • 探す物件の情報を不動産業者に渡して効率化

以上、よい引きこもりライフを!

コメント