【イラスト】作業を効率化したいならカスタムブラシを作ろう

イラスト
スポンサーリンク
絵描き
絵描き

カスタムブラシって聞くけどぶっちゃけどうなのよ?

あったほうが便利??

どうも、にけぽん(@nike0117)です。

今回はカスタムブラシの必要性とオススメについて書こうと思います。

ぶっちゃけた話、カスタムブラシはあると作業効率が上がります!

特に背景を描く方や厚塗りをする方であるほど実感できるはずです。

カスタムブラシの導入や作成は楽にできるので、作業効率化を図りたい方は積極的に取り入れてみましょう。

このページを読むと
  • カスタムブラシで作業を効率化する方法がわかる
  • クリスタのカスタムブラシの導入方法がわかる
  • クリスタのカスタムブラシの作成方法がわかる

※今回の内容はCLIP STUDIO(クリスタ)を使用する前提で記事を作成しています。

PhotpshopやSAIでカスタムブラシを作ろうとしている方向けの内容ではないため、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

カスタムブラシを使ってイラスト作業を効率化できる理由

絵描き
絵描き

そもそもなんでカスタムブラシを使うと作業効率が上がるの?

にけぽん
にけぽん

簡単に言うと、カスタムブラシを使用すると表現したい塗り方にするまでの作業ステップ数を削減できるからなんだ。

作業ステップ数を削減できる

これに尽きます。

まずは以下2つのイラストを見てください。

一番上のイラストはデフォルトのブラシ(Gペン)で描いた木で、もう一方はカスタムブラシ(四角ブラシ)で塗った木です。

消しゴムや指先ツールは使わず、指定した筆のみを使い、同じ描き方で描いています。

比べてみると、前者の木の方はもう少し手を加えないとそのイラストが木だとわからないですよね?

絵描き
絵描き

葉っぱじゃなくて海ぶどうにも見える。

逆に後者の木の方はそのままでも十分木だと判断することができます。

このように、カスタムブラシを使用することで木を塗った後の形を整える作業を削減できていることがわかります。

1本の木を描くだけでも単純計算で作業量を1/2くらいにできるため、木をたくさん描くならその分時間削減が見込めます。

にけぽん
にけぽん

木以外にも例えば草や模様、雲などにも応用できますし、自分のよく描くものから優先的にカスタムブラシを導入してみよう。

Point

よく描くものや、ブラシで描いた後に消しゴムで整える……を繰り返す作業は積極的にカスタムブラシ化していきましょう!

にけぽん
にけぽん

自分は実は草ブラシも登録しています。

これがあると草を1本1本描かなくて済むので楽です!

楽すぎて草生えるww

絵描き
絵描き

寒すぎて草も枯れるわ。

カスタムブラシの導入方法

絵描き
絵描き

とりあえずカスタムブラシを使うとイラスト作業の効率化ができることはわかった。

じゃあどういうカスタムブラシを使えばいいの??

にけぽん
にけぽん

クリスタのHPに大量のカスタムブラシが投稿されているからまずはそこから探してみよう。

カスタムブラシを探そう

CLIP STUDIO ASSETSのページに行くと公式で作られたカスタムブラシや様々な方が自作したカスタムブラシが並んでおり、無料でダウンロードして使用することができます。

カスタムブラシ以外にも様々な素材が置いてあるため、気になる方は覗いてみてください。

カスタムブラシをダウンロードしよう

絵描き
絵描き

欲しい筆があったんだけど、どうやってCLIPSTUDIOに導入すればいいの?

CLIP STUDIO公式でも手順は載っていますが、ここでは「これだけで塗る筆」を導入する想定でインストール方法を順を追ってみてみましょう。

CLIP STUDIO ASSETSでブラシ名を検索する

先ほど紹介したCLIP STUDIO ASSETSのページ上にある検索窓に「これだけで塗る筆」を入力して検索します。

CLIP STUDIOのアカウントにログインし、ブラシをダウンロードする

次に、「これだけで塗る筆」をクリックすると以下画面が表示されるため、右上からCLIP STUDIOのアカウントでログインします。

ログインが完了したら、右上のダウンロードボタンを押してカスタムブラシをダウンロードします。

ダウンロードしたブラシをCLIP STUDIOにドラッグドロップする

ダウンロードが完了したら、CLIP STUDIOを起動します。

起動が完了すると以下のような画面が表示されるので、左側にある「素材管理」→「ダウンロード」をクリックします。

表示された「これだけで塗る筆」をCLIP STUDIOのブラシ欄にドラッグ&ドロップします。

以上で「これだけで塗る筆」がCLIP STUDIOで使用可能になりました。

にけぽん
にけぽん

カスタムブラシ以外の素材も同様の手順でCLIP STUDIOに入れられるよ!

カスタムブラシ作成方法

絵描き
絵描き

CLIP STUDIO ASSETS探したけど、しっくりくる素材が見つからないから自分でブラシ作りたいな。

にけぽん
にけぽん

それじゃあカスタムブラシ作成方法も見てみようか。

カスタムブラシを作ろう

もしお気に入りのカスタムブラシが見つからない場合は自分でブラシを自作してみましょう。

CLIP STUDIOがあれば簡単に作成できるので、特別な準備は一切不要です。

にけぽん
にけぽん

ここでは四角ブラシを作る例を参考に作り方を見てみよう。

CLIP STUDIO PAINTで新規キャンパスを作成

CLIP STUDIO PAINTを起動し、キャンパスを新規作成します。

キャンパスのサイズは自由ですが、緻密なブラシを作りたい場合はキャンパスサイズも大きくしてください。

基本表現色については基本的にはグレーとしてください。

キャンパスのカラー設定に注意

作成するカスタムブラシの色を自由に変えられるようにしたい場合は、必ずグレースケールでキャンパスを作成しましょう。

もしここでカラーのキャンパスにしてしまうと、カスタムブラシの色がここで塗った色に固定されます。

キャンパスにブラシの形を描きこむ

作成したキャンパスにブラシの形を描きこみます。

今回の例では四角いブラシを作りたいので、以下のようなブラシの形を用意しました。

にけぽん
にけぽん

今回は基本表現色がグレーなので黒色で作っています。

レイヤーの変換で基本表現色の設定を行う

レイヤー自体の基本表現色がキャンパスの基本表現色と一致していない場合、思い通りのブラシが作成できないことがあるので念のためチェックします。

確認方法は、「レイヤー」→「レイヤーの変換」を選択します。

レイヤーの変換を選択すると以下画面が表示されるので、基本表示色を先ほど設定したキャンパスの基本表示色の設定に合わせます。

他の設定はそのままでOKです。

作成したキャンパスを素材登録する

「編集」→「素材登録」→「画像」を選択します。

「編集」→「素材登録」→「画像」を選択すると以下画面が表示されます。

まず左下にある「ブラシ先端形状として使用」にチェックを入れ、素材保存先は「画像素材」→「ブラシ」を選択します。

そのほかの設定はそのままでも大丈夫ですが、素材名は後で見てわかるように入力してください。

ベースとするブラシを決めてブラシを複製する

次にベースとなるブラシを複製します。

にけぽん
にけぽん

ブラシ設定を1から作ると時間がかかるから他ブラシを複製してブラシ形状を書き換える方法がオススメ!

ブラシの複製は、以下に示す通り対象のブラシを右クリック後、「サブツールの複製」を選択すことで可能です。

以下はお好みで入力後、OKボタンを押します。

サブツール詳細からブラシの先端形状を書き換える

先ほど複製したブラシのサブツール詳細を選択します。

※ブラシを右クリックするか、以下画像の右下のスパナアイコンを押すとサブツール詳細が開きます

サブツール詳細を開くと以下画面が表示されるので、「ブラシ先端」→「先端形状:素材」を選択し、先端形状を追加します。

素材画面が表示されるので、先ほど素材登録した「しかく」を選択し、OKボタンを押します。

カスタムブラシの作成はこれで以上となります。

細かいブラシの設定はサブツール詳細の内容を確かめながら自由に設定してください。

絵描き
絵描き

ブラシ形状って結構楽に替えられたんだね。

これなら簡単に色んなブラシを増やせそうだ。

にけぽん
にけぽん

ちなみに今回例で作成した四角ブラシは結構優秀なのでオススメです!

※もう少し詳細なブラシの作成方法については改めて別ページで作成する予定です。

まとめ

まとめ
  • カスタムブラシ化すると、塗りを整える手間が削減できるため、作業を効率化できる
  • カスタムブラシはCLIP STUDIO ASSETSからダウンロードし、CLIP STUDIO起動直後の「素材管理」からCLIP STUDIO PAINTにドラッグ&ドロップで使えるようになる
  • CLIP STUDIO PAINTでカスタムブラシの作成と適用ができる
にけぽん
にけぽん

今回はカスタムブラシの利点と、カスタムブラシの導入方法について書きました。

カスタムブラシの導入方法も説明したので、あとは実践して作業の効率化具合を体感するだけです。

絵描き
絵描き

よく使いそうなカスタムブラシ登録してみたから、塗ってみるね!

もしわかりにくい等ありましたらお気軽にご連絡下さい。

では、よい引きこもりライフを!

コメント